アークについて

アークに引越しを再依頼した理由

アーク引越しセンターをまた使おうと思ったきっかけ

始めてアーク引越しセンターを使った時、当時私は高校生でした。
引っ越し業者の人たちは、きっちり時間通りに家に来ました。

とても礼儀正しく、笑顔が印象的でした。私にも気軽に話しかけてくれ、私の部屋の荷物をキレイにまとめて箱に詰めてくれました。

玄関や廊下にはにはきちんとマットを引いて、冷蔵庫などを動かす際には床に傷がつかないように気をつけながら数名のスタッフで動かしていました。
引っ越しの作業が終わった時に、父と母が、引っ越し業者の丁寧さに感心して、もしまた機会があったた、次の引っ越しのときも同じ業者に頼もうと話していました。

荷物の梱包も丁寧で、新しい家で開けた時に荷物が出しやすかった事を覚えています。
特にトラブルもなく、仕事の丁寧さに驚かされました。

数年後、その時の印象が強かったので自分が頼む時も同じくアーク引越しセンターに頼みましたがクオリティなどは当時のままで安心しました。

 

女性が引っ越しをする際、注意するポイント

アークについて

私が引っ越しの時に気にする事は、普段動かさない家具類の後ろからゴミや埃が舞い上がり、引っ越し作業の妨げになるとイヤなので、引っ越しの数日前に家の大掃除を済ませておく事です。

そうすれば業者さんが家に来たときの印象も悪くないし、引っ越しの荷物に埃が付いたり新居がいきなり汚れる心配がありません。

後は、女性なので、下着などは予め自分でまとめておきます。
業者さんが女性ならいいですが、男性の場合もあるので、そうすると見られてしまうと気まずいからです。

その他触られたくないものは部屋の一角にまとめて、紙に大きく『触らないでください』と書いておきます。そうすれば業者さん達にもわかりやすく、間違えて梱包されてしまう心配もありません。

 

アーク引越しセンターを実際利用した感想

アーク利用者インタビュー

引越しの感想とやっておくべきポイントを教えて下さい

アークで引越しをしました。

金額が安かったのでちょっと不安でしたが、作業員の方達は話しやすく荷物を丁寧に運んでくれました。

近所への挨拶もしっかりしてくれて評判でしたよ。

引越しのコツですが、家を出る際に最低限に荷物を抑える、つまり、必要のないものは思い切って処分することが大事だと思いました。

特に、かさばりやすい衣服や、趣味のゲームソフト、また漫画や小説などの書物、こういった小物は自分で運べるのもあるため、必要最低限で抑え、極力荷物を少なくすることが大切。

また、食器やCD、DVDなどの比較的割れやすいものは新聞紙でくるんだり、衝撃を吸収してくれる箱に入れたりと、運ぶ最中に壊れない工夫を凝らすことも大事です。

引越しの料金には一部、小物もはこんでもらうかどうかで値段が変わる場合があります。

変わらなければ引越し会社に任せてしまえば良いが、もし別に料金が発生する場合、このテクニックを使いせつやくすると良いと思います。

あなたが将来住みたい所はどこですか?

京都府京都市上京区が良いですね。

京都は全般的に大好きな都市ですが、なかでも上京区の良い点を3つ挙げたいと思います。

1つ、周辺にはスーパーやコンビニエンスストアもセヴンイレブン、ローソン、ファミリーマートと揃っており、また商店街も有りますので食料品の買物には困る事はない事。

2つ、近隣には勉学の神様と梅で有名な北野天満宮や、満開の桜が境内を彩る平野神社など癒しのスポットが満載な事。

3つ、比較的夜も明るく治安も良いと思います。

台風や水害も少ないのも良い点です。

逆に遠慮したいのは田舎すぎるところと都会すぎるところ。

東京都は人口密度が高すぎて、仕事はたくさんあるだろうし子供の保育園も困らないくらいあるのかもしれませんが、満員電車やギスギスした密集地帯に住みたくないなと思います。

生きているだけで疲れそう。

田舎すぎるところは車無しでは生活できず、買い物をするにも病院に行くにも車では不健康になりそうだと感じます。

歩いて30分以内のところで買い物や病院などが済まされれば最高ではないでしょうか。

 

前回トラブルがあったのでアークに頼んで良かったです!

アーク利用者インタビュー
前回の引越し業者が酷かったので本当にアークにお願いして良かったです。

因みに前に使ったとある業者ですが、タンスの中の衣服は入れたままに運んでもらえるとの事でしたが、当日いらした引越し業者の方は動かせませんでした。

仕方なく、業者の方に待っていただき、急いで衣服をダンボールに詰め込んでの出発となりました。

謝罪も割引もなかったので少し腹が立ちましたね。

さらに引越し先に到着し、荷物を運び込んでもらいましたが…今度はダンボールが文字通り塔のように積み上げられてしまいました。

決して荷物は多くありませんでした。

引越し先の部屋も狭くはありません。

それなのに、手が届くか届かないか、ギリギリの高さまで積まれたダンボール。

この引越し業者には二度と頼むまいと思いながら、母と支えあって二人でダンボールを下ろしました。

ダンボールにでかでかと「食器」やら「洋服」やら書いておきましたが、案の定「洋服」の上に「食器」が…

ここまで望むのはあんまりかと思いますが、何もかもダメですべてが鼻につく引越しとなってしまいました。


引越しで押さえておくべきポイント!

自分の「生活そのもの」が移動する事になるので、引越しが決まった瞬間から荷物を整理しましょう!

ダンボールに詰めた荷物はリスト化すると把握しやすいです。

ダンボールに貼り付け、自分の手元にもコピーした物を。

引越し業者の広告は鵜呑みにせず、経験者の話を聞いてから業者を決めましょう。

精密機器はなるべく自分で運び入れましょう。

引越し業者の方は意外とアバウトに運んでしまいます。

いっそ気の知れた男性の友人に頼んでしまった方が、色々と気を遣ってくれるかもしれません。

こちらも指示がしやすいです。

入居前、家具も何も置いていない状態の部屋の写真を撮っておくと、再び引越しをする時に大家さんとスムーズに話し合いが進みます。

敷金など。

 

アーク口コミ&ノウハウ

アークの良い所&悪い所

見積もりに来てくれた営業さんの感じがすごく良かったので依頼しました。

ところが当日に来た作業員に頼んだはずのプランがちゃんと伝わっておらず、いきなりアクシデント発生。

営業さんに連絡を取り、仕切り直し。

そして新居に着いて 荷物を運び始めたものの、終盤で 絨毯を敷かずに家具を置いていた事に気付きました。

慌てて 絨毯を出してきて、二階に運びました。

私が。

作業員達は知らん顔です。

自分達が運ぶのは家具のみ。

とでも思っていたのでしょうか?

かなり絨毯は重く、必死で階段を登りました。

一度置いてしまった家具をまたどかして絨毯を敷いて欲しい と頼むと明らかにイヤな顔をされ、私も手伝います と、なんとかやってもらえました。

旦那がその場に居たら少しは違ったのでしょうか。

あんな嫌な思いをしたのに帰りに謝礼金も渡し、すごく損した気分でした。

絨毯に気づかなかった私も悪かったですが、あちらのあまりに酷い態度が嫌だったので2度と頼みたくありません。

アークについて

要らない物は捨てた方がいいです。

手間もお金もかかりますから。

なるべく荷物を減らしてから引越し。

見積もりに来る営業さんと引越し当日に来る作業員さんは別なので、雰囲気で決めない方がいいです。

安くしたいけど、自分達で頑張りすぎても 時間ばかりかかり、イライラしてしまう場合もあります。

特に小さなお子さんがいる家庭なんかは思い切ってお任せするのもありかも知れません。

プロは仕事が早いです。

慣れなんでしょうか。

感心します。

あっと言う間に荷物をまとめて運んでくれます。

あと、引越し当日は前もってお昼と夜ごはんを準備しておかないと困ります。

カップ麺を食べようにもガスや水道を開栓してなかったり、お茶入れられずに困ったことがえりました。

 

アークの感想と引越しをスムーズにするアドバイス

アート引越センターで引越しをしました。

作業員の方がしっかりしていたので、こちらの負担は最低限でとても助かりました。

営業の方も細かく連絡してくれたので良い意味で引越し業者のイメージが変わりました。

引越し時に気をつけた方が良いことですが、まず丁寧に箱詰めし過ぎないことです。

最初は良いのですが、何箱も作っていると、最後の方は箱の中にぐちゃぐちゃに入れてしまいがちです。

アルバムや写真は箱詰めの際に整理しないことです。

つい見返して思い出に浸ってしまいがちです。

箱詰めをする際に写真は見ないのが鉄則です。

あと、箱詰めの際に不用品の処理をしないことです。

箱詰めと同時に行うとより時間がかかってしまいます。

いらないものは早めに処分することが大事です。

最後に、箱詰めした荷物は引っ越し直前までガムテープで止めないことです。

どこに何を入れたか、きちんと入れたのか不安になって必ず箱を開けてしまいます。

箱に何が入っているのか、自分がわかるように書いておくことも大事だと思います。


あと、可能でしたら引越し先の治安状態はチェックしておくべきかと。

私は栄えているようで、ごちゃごちゃしたところは苦手です。

ジャージとつっかけでウロウロできてしまうところは、あまり治安が良いとは思えません。

また、自然が多く、ゆったりした地域でも、輸送費などがかかり、物価が意外とかかるところもあるようです。

昔からすんでる人たちの輪ができていて、入りきれないような空気があるところや、地域の人たちが異常に盛り上がる祭りなど、温度差がありすぎて疲れます。

大阪南部のだんぢりの雰囲気はなれていないと疲れるようです。

 

アーク利用体験談&ノウハウ

アーク引越しセンターを使った率直な感想

アークについて
引越しは何回かしていますが、住んでいたアパートがアーク引越しセンターに依頼すると10%割引になるということで、当然そちらに頼みました。

電話の応対はまずまずでした。

早速見積りに来てもらいましたが、必要最低限のものしか家になかった為、2tトラック一台で大丈夫だろうということで、一番安い金額のものでお願いしました。

確か、ダンボールに詰めてもらうっていうサービスのもあったと思いますが、自分たちでコツコツ詰めました。

10箱位だったと思いますが、自分たちの車にも色々乗せて移動しました。

引越し当日は、若い男性が何人か来て頂いて、大物家電の詰め込みをしてもらいましたが、何気ない会話の中に色々、嫌な言葉や人格を否定する言葉が混じっていて、少し嫌な思いをした事を覚えています。

何回か引越しをしているのですが、住んでいたアパートがある引越し屋さんの割り引きをしている所ばかりだったので、そちらしか利用した事はありませんが、どちらに頼んでも、サービス内容はそんなに変わらないのではないかと思います。


まず、電話応対が悪くても、見積りに来る人はそれなりに対応が柔軟なので、色々心配している事を相談した方がいいかと思います。

その際、要らなくなった家具等(売りに出せない様な物)を処分してもらえるかどうかを確認されたらいいかも知れません。

ダンボールに詰める作業はパズルのピースを当て嵌めていく様な感覚で、いかにしてダンボールの数を減らせるかが腕の見せどころかも。

利用するパックによってだと思いますが、ダンボールの数が決まっていた様な気がします。

入りきらなかったら、重いものはトラックに乗せる用にして、後は自分たちで持っていく。

 

アーク利用者が語る・引越しノウハウ

引越しする時期を意識する

先日、アークで引越しをしました。

引越しは、5月から10月くらいまでの間にしたほうが基本料金も安いし、割引もしてくれるらしいので、その時期をねらって引越しをすればお得みたいです。

段ボールに物をつめるとき、私は軽いもの、重たいもので分けましたが、下に重いもの、上に軽いものを入れて同じような重さにしたほうがいいと思います。

軽いものだけの段ボールの上に重いものだけの段ボールを積み上げられると潰れてしまうので…

引越しの作業時間を短縮したい方は、段ボールに詰められる荷物だけ運送会社に預けて、大きな家具家電などだけ引越し業者さんに運んで貰うといいみたいです。

値段も少し安くなるらしいです。

運送会社に預けるときは日付だけ気をつけたら大丈夫です。

手伝って貰える場合は荷物を先に運んでおく

引越しノウハウ安く済ませるために、まずなるべく多くの知人に「日当支払うから引越しの手伝いしてくれないかな?」と声を掛けて、当日手伝ってもらうように声をかけるといいと思います。

私はアークに来て貰う前に色々頼みました。

人出が多い方が重いものも運べるので、引越し業者に運んでもらうものも少なく済みます。

ちなみにうちの場合は洗濯機と冷蔵庫だけ業者にお願いするだけで済みました。

男性陣は家具などの運搬、女性陣は掃除というように分担してやると早く終わります。

引越し業者に見積もりを依頼するときに、即決しないでなるべく何社か依頼して決めたほうが絶対いいです。

うちのように一番安い見積金額の業者の名前を出すとそれより安い金額に値引きしてくれる可能性があります。

3月は引越しピークの月なので値引きは厳しいかも分かりませんが、参考までに試してみるといいと思います。

アークを【最大半額】で利用する方法、あります。

アーク引越しセンターは安くて親切でした

3月という引っ越しシーズンでの引っ越しと言うこともあり、どの業者も安価での見積りをなかなか提示していただけませんでした。

千葉県内の引っ越しで、距離は100km圏内で、間取りは2DKから2DKへの引っ越しでした。

前回引っ越した際は、同じ条件で8月の引っ越し。

引っ越しのサカイにお願いし、費用は35000円でしたが、今回は7万円以下は無理と断られました。

そこで、相見をしていた何件かの業者の中から、一番安い見積りを出してくれたアーク引っ越しセンターにお願いしました。

ちなみにCMでお馴染みのアート引っ越しセンターとは全く別の業者です。

費用は5万円で請け負ってもらいました。

安いからと言って、荷物を雑に扱うなど、トラブルもなく、親切な対応だったので、満足しています。

値下げ交渉

大事な事は相見つによる、値切り交渉です。

複数業者へ見積りをして値段を落としていき、極力値段を下げて契約するのは、引っ越しする際は必ずやるべきです。

値段が万単位で下がるのは確実なので、浮いたお金を自分の新生活に回せます。

引っ越し業者の見積りは、違法ではないですが、一発目から満足いく価格提示はあり得ませんし、業者サイドも儲けのために、高めに見積りを立ててきます。

引っ越しは人件費を削りやすく、そこでいかに儲けを生むかの仕事です。

もちろん値切っても利益の範囲内でしか業者も承諾出来ないと思います。

なのでその範囲内で、よりコストを抑えて、双方が納得出来る価格で引っ越しするのが、ベストだと私は思います。

値下げをしたからといって、家具に傷をつける扱いをする事はありません。

雑にあつかったからといって、あちら側の手間はさほど変わりませんからね。

 

 

アークのアットホームな雰囲気に癒されました(単身引越し感想)

大学時代、実家へ帰るときに初めて引越し業者を利用しました。

初めて1人で会社を探し、見積もりを出してもらい、当時1番価格の安かった、アーク引越しセンターに依頼をしました。

実際引越しの作業に来てもらったときも、私はどうしていれば良いのかちょっとおろおろしてしまったのですが、来ていただいた方が私の母くらいの年齢のおばちゃんで、とても話しかけやすく頼りになりました。

作業自体もすごく丁寧に敏速に行ってもらえました。

作業終了後、おばちゃんとバイトの男の子2人に、差し入れを渡したところ、ものすごく喜んでもらえました。

「あなたみたいにしっかりした子は初めて!」と言われ、心細かった気持ちが吹き飛んだのを覚えています。

インターネットなどに、引越しのためにしておいた方が良いことのチェックリストがあると思います。

これがあったおかげで、何も分からない学生だった私も、スムーズに引越し作業が出来ました。

また、当たり前のことなのかもしれませんが、ダンボールは小さいものに小分けに入れるということ。

(壊れにくい、運びやすい)ダンボールには、何を入れたかを必ず明記するということ。

普段あまり使わないものから詰めていくこと。

(引越しの荷造りは何日もかかるため、普段使用するものを詰めてしまうと、また空けて探さないといけなくなります)そして何より大切なのは、引越しを機に、普段使っていないものを捨てるということ!これが大切だと思います。

 

アーク引越しセンターは若干マイナーな業者かも知れませんが
個人的にはとてもお勧めです。
業者に悩まれている方は是非一度見積りしてみてください。
アーク引越センターについて詳しくはこちら